駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」より〜

あいぞめ処桜井紺屋/桜井茂雄

型藍染:染めた部分と白のコントラストが美しい「本藍染」を得意としています。

一つの染料から生み出される豊富な色彩は濃淡様々です。

 

紺友染色工房/鈴木緑

ろうけつ染め:筆でろうを置き、自由な曲線で絵柄を描く「ろうけつ染め」を得意としています。

自然で柔らかな印象を持つ染めが特徴です。

会期は11月10日(土)〜18日(日)10時〜17時(最終日16時まで)。静岡の5つの染色工房のそれぞれの魅力をぜひご覧くださいませ!!

皆様のお越しをお待ちいたしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =