「張り子展」より「たむ人形ギャラリー」その3 & 本日は片山米店の「美味しいおにぎり」

「蟷螂の舞」高さは40cmほど〜

なかなかの美形です!

 

昆虫のかつらを付けて舞う 「 蟷螂 ( とうろう ) の舞」(カマキリの舞)は、全国でもめずらしい舞です。

小國神社、天宮神社の舞楽とあわせて「遠江森町の舞楽」として国の重要無形民俗文化財に指定されています。

もう一つ「鯛つり恵比寿」。竹をしならせて作った釣竿も含めて、高さは25cm。

なんとも、おめでたい。商売繁盛間違いなし??

後ろ姿も見てくださいね。

また本日は、土曜日のお楽しみ「片山米店の美味しいおにぎり」の日です!

「張り子展」16日(日)まで開催中です。皆様のお越しをお待ちいたしております!!

「張り子展」より「たむ人形ギャラリー」その3 &「高校生バリスタ」と「いちごロールケーキ」

「狐舞」高さは20cmくらいです。

地方の祭りには色々ありますが、「狐舞」は江戸時代に吉原などの遊里を中心に舞歩いた門付け芸の一種とも言われます。

「たむ人形」は静岡を中心に、地方のお祭りなどを題材することも多く、その由来などに思いを馳せるのも楽しいですね!

「張り子展」太刀川進・たむ人形は16日まで開催中です。

また、15日・16日は高校生バリスタ山本紘彰さんによる、コーヒースタンド「No Name」が出店します。

そして、12月のスイーツは「いちごのロールケーキ」です。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

「張り子展」より「たむ人形ギャラリー」その2

「三河万歳」高さは13cmほどです。

後ろ姿の、背中の丸みに頑張っている気配が感じられて・・・応援したくなりますよね〜

着物の柄もおめでたく、細部にも気を抜いていません。

「張り子展」太刀川進・たむ人形:16日(日)まで賑やかに開催中です!

皆様のお越しをお待ちいたしております!

 

 

「張り子展」より「たむ人形ギャラリー」その1

「御前猿廻し」

お囃子三人と猿廻しと猿。

高さ6〜7cm。それぞれの表情が性格を表していて、物語の一シーンのよう・・・

猿くんは何を考えているんだろうか・・・などと空想してみるのです!

 

向きを変えてみると・・・

後ろ姿がまたまた何かをかもし出しています。

太刀川進・たむ人形「張り子展」16日(日)まで開催中。10時〜17時(最終日16時まで)。

干支飾り、お正月飾りなどもご覧いただけます。ぜひお越しくださいませ!!

「張り子展」明日12月8日(土)より開催いたします!

今年最後の企画展は、静岡の伝統技法にこだわった「張り子」の展示です

今年の締めくくりにふさわしい、見応えのある「張り子展」、ぜひお越しくださいませ。

会期は12月8日(土)〜16日(日)10時〜17時(最終日16時まで)となります。

プロフィール:太刀川進「たむ人形」

静岡出身の美術工芸家、芹沢銈介氏が、こよなく愛したみちのくの古人形「三春人形」に魅せられ、三春人形のふるさと高柴デコ屋敷の大黒屋にて、橋本貞雄氏のもと製作を始める。

手すき和紙を使用することにより、木や土での製作では思いも及ばぬ柔らかい味が出せ、又、厚紙や竹、麻糸等で小物を細工したり、部分毎に別の木型で作ったものを繋ぎ合わせることにより大胆な動きのある自由な表現が可能となっている。

絵付けは、伝統的な植物染料の蘇芳(スオウ)、槐(エンジュ)等を使用し、落ち着いた独特の味わいある色を生み出している。

先人の豊かな感性にと卓越した表現力に近づけるよう、木型作りから、全て手作りで、一つ一つ心をこめて製作しています。

同時開催として、干支や正月飾りなど、新年の支度にふさわしい小物もご覧いただけます。

8日・15日は片山米店の「美味しいおにぎり」販売。

15日・16日は高校生バリスタ山本紘彰さんによるハンドドリップコーヒスタンド「No Name」が出店いたします。

はんこ焼菓子店、Akane工房の焼菓子販売は8日からです。

 

12月企画展「張り子展」12月8日(土)〜16日(日)開催いたします!

太刀川進・たむ人形「張り子展」12月8日(土)〜16日(日)10時〜17時(最終日16時まで)開催いたします。

太刀川進・たむ人形

静岡で伝統技法にこだわりはりこ制作をしている「たむ人形」。

木型から手作りで、手すき和紙を使い、蘇芳やエンジュなど植物染料を主に使用し、独特の色を生み出しています。

小物の細工など、動きのある自由な表現が味わい深い作品です。

今回、100点余りの作品を見ていただける展示になります。一年の締めくくりにふさわしい賑やかで楽しい「たむ人形」をぜひご覧くださいませ!!

 

 

ありがとうございました!!駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」終了いたしました!

今回は、静岡の5つの染め工房さんの作品をご覧いただく良い機会になったのではないでしょうか。

駿河和染は、染色家「芹沢銈介氏」の影響を受け、染めと地のコントラストのある模様を使った型染が特徴の一つでもあります。また静岡には「麻機」「賎機」「服織」など布に関した地名が残り、旧安倍川の川筋に沿って多くの紺屋が繁盛したといわれています。

静岡の駿河和染は暮らしにとても近い伝統工芸です。この素晴らしい技を今後も長く伝えていってほしいですね!

ありがとうございました!!

 

 

本日最終日です!!駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」

今年の金柑。鈴生り!!

今年こそ美味しく砂糖煮に・・・なるかな??

本日最終日は高校生バリスタ山本紘彰さんのコーヒースタンド「No Name」やってます!!!

コーヒーの薫りが立ちこめて、幸せを感じます。

駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」は本日が最終日!16時までとなります。

皆様のお越しをお待ちいたしております!

駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」より〜「紺友染色工房」さん

ろうけつ染めでモダンなバッグを制作されたのは、紺友染色工房の鈴木緑さん

染料に、渋木(しぶき:ヤマモモの樹皮)を利用した「ろうけつ染め」です。媒染により金茶から濃茶のグラデーションに発色します。

ポーチはバッグの中の必須アイテム。ろうけつ染めの筆あとが立体感を表していますね!

駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」は明日18日(日)まで開催いたしております。

皆様のお越しをお待ちいたしております!!

 

本日 高校生バリスタ:コーヒースタンド「No Name」やってます!!

高校生バリスタ山本紘彰さん、本日17日と明日18日ギャラリー水嶋にて営業いたします!!

注文を受けてから豆を挽き、ハンドドリップでいれるコーヒーは薫り高くて、癒しの一杯です!

本日の豆は「ホンジュラスのエル・プエンテ」!!

また、ギャラリーでは駿河和染:染めもの展「染めの原風景で。」開催中です。

皆様のお越しをお待ちいたしております!!

 

 

Posts navigation

1 2 3 4 5 6 7 30 31 32