駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」より〜鷲巣染物店さん

クラッチバッグは、お茶の葉で染めた「本山茶染め」。

茶葉をじっくり煮出して、お茶の成分を抽出し、繰り返し染め重ねて製品に。

丈夫な刺し子生地は江戸時代には火消しが纏っていた半纏生地「二重刺子」。

生地に厚みがあって、一重仕立てでもへたらないのです。

男性が持っても似合います!!

駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」18日(日)まで10時〜17時(最終日16時まで)開催しています!!

静岡ならではの駿河和染をぜひご覧くださいませ!皆様のお越しをお待ちいたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =