11月企画展 駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」のご案内

11月の企画展は 駿河和染 染めもの展「染めの原風景で。」会期:11月10日(土)〜18日(日)10時〜17時(最終日16時まで)

「型染」「藍染」「筒書き」などの技法を持ち今川時代から続く静岡の伝統工芸・駿河和染。静岡に所縁のある染色家・芹沢銈介の影響を受けながら、さらに色彩・技法を発展させてきました。その5つの工房が集まり、いまの暮らしに寄り添う新たな染物を考えるブランドが「駿河和染Standard」です。

「駿河和染Standard」

あいぞめ処桜井紺屋:桜井茂雄・紺友染色工房:鈴木緑・鷲巣染物店:鷲巣恭一郎・いとう染工:伊藤喜一郎・城北工房:大橋俊之

染めの作業は水を多く使うことから、昔から川のほとりに工房が軒を連ねていました。
その原風景の場所と重なるギャラリー水嶋で、展示・販売会を行います。長尾川の辺りの風景も一緒にお楽しみください。
はんこ焼菓子店の焼菓子販売10日(土)〜
片山米店の「美味しいおにぎり」販売10日(土)・17日(土)
高校生バリスタ山本紘彰さんの出張コーヒースタンド「No Name」17日(土)・18日(日)
お楽しみに!!
みなさまのお越しをお待ちいたしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − six =