「立花テキスタイル研究所」尾道で環境負荷をかけないものづくりを目指しています!「春まち展」より・・・

「ブイトート」22cm×21cm×19cm 海に浮かぶブイをイメージしたバッグ。マチが広く長財布もすっぽり入ります。

「ワタ染め」。綿花栽培で余った枝で染めました。もったいない精神から生まれた色です。

「ペンケース」3cm×17.5cm×3cm。

「鉄粉プリント」尾道の製鉄所から出る鉄の粉を使ってプリントしました。あえてムラ感を出すように手作業で刷っています。裁断位置によって表情が変わるので、一点ものを選ぶような楽しさがあります。

「バケツバッグ」24cm×40cm×25cm バケツをイメージしたトートバッグ。丸底でお弁当や水筒を立てて入れられます。

「柿渋鉄媒染」柿渋染めした帆布を鉄媒染して黒く染め上げました。長く使うほどに地の柿渋の茶色がチラチラと見え、変化を楽しめる生地です。

「凪バッグ」36cm×26cm マチ無しのフラットなワンショルダー。A4が入ります。

「藍染め」タデ藍を育てるところから、スクモづくり、藍建て、染色までを一貫して行っています。原料はスクモ、灰汁、貝灰、麩、麦芽糖水飴のみ。科学的な薬剤は不使用。薄い水色で何回も染め重ね、瀬戸内海をイメージした青色に染め上げました。

作り手のこだわり集合「春まち展」は、3月11日(日)まで開催しております。時間は10時〜17時(最終日16時まで)。

みなさまのお越しをお待ちいたしております!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =